top of page

シータ波の誤解

更新日:2020年9月24日

最近 シータ波脳XXX といゆう本を読んだといゆうか最近やたらシータXXXといゆうのが多いですね

本の内容はびっくりしたといゆより、信じられないほど歪められた内容です 


日本の巷では シータOOネスまあそれらしき名前の事がはやっているようですがまったくシータ波の概念を知らないといゆうか商品名まえになったようです

僕は このブログでも書きましたが。15年前に脳波について探求しようと20万円の脳波計、高価な脳波を模す装置 、ヘミシンク全日本語版 その他 脳波音響CD、10冊の脳波関係本、等などそろえ 脳波にかんして素人がかじれる事はその当時は相当やってきたとおもう、そんな想いから、これは心配な事態です 


ここで はっきりとした脳波について、言及させてください


ベータ波(14Hz以上)一般的に緊張を示す脳波であり,自我を意識している状態である 。周波数が高いほど緊張が高くなり自我が強くなる 

 珠算のチャンピオンが暗算しているとき右脳を中心に出る 一般人が計算すると 左脳に出る


スローベータ波(14Hz~17Hz)場合によっては特殊な能力をだすことがある。中国の気功師が(外気)を発している時やある種の念力を発揮している時に出る場合が有る、しかも脳全体から同期した状態でこの波が出る


アルファー波(8~14Hz)表面的リラクゼーション.何か楽しんでいるとき等に出る アインシュタインが計算をしている時とても大きな波が出たことは有名な話しです 彼は計算を楽しんでいたのです

又瞑想や自律訓練等により 振幅は増大する 詳しくは 3つに分類出きる


ファーストアルファー波(12~14Hz)緊張と集中が同居している。気功師の外気の周波数の一種出も有り瞑想の初期に出る


ミッドアルファー波(9~12Hz)自我と内観とのバランスが取れている、意気揚々として絶好調であり直感力がさえるなど様々な特徴が有る

健康な人間が社会生活を送る上でもっとも重要だと考えられています

何か楽しみながら集中したり感謝している時によくでる

このじょうたいで勉強すると記憶にいつまでも残すことができる 俗に『アルファー波になると集中力,記憶力が高まる』といゆうユエンはここにある

ちなみにこのミッドアルファー波は 深い瞑想にならなくても出ます 。楽しいことを考えると誰でもだすことができ いやな事を考えると 消えてしまう


スローアルファ波(8~9Hz)瞑想が深くなると振幅が大きくなり周波数が低くなる この時 深層意識との扉か開いている


シータ波(4~8Hz)浅い睡眠,内面的なリラクゼーション。意識が心の内面をむいて自我を意識しなくなる (無意識)の状態である、瞑想の場合俗にいゆう 無我の境地 

瞑想において無視できない波である 特殊な能力がある人に見られる(霊感等など)しかし構成が複雑で一概に法則は見受けられない


デルタ波(4Hz以下)深い睡眠。瞑想の境地。完全なる没我.インドのラージャヨガの導師が深い瞑想に入ると出る.中国の気功法(内気)の循環を行っているとき4Hzの波もでる



又普通の人は主に後頭部からアルファ波を出すしかし 超能力者等は 脳全体から同期して大きな脳波を出す(アルファ波だけとは限らない)したがって ただ出ればといゆう事では無い そのうえ出る脳の場所の組み合わせ、時間、振幅の組み合わせ 全く複雑です


シータ波は神秘的な波でトレーニングしても出すのは難しい ましてや 無我(無意識にちかい)状態であるので ふつうの場合、巷の本の様な方法論、、OOOイメージしてとか OOOOしながら、、、とかそれじたいおかしいのですそれは入り口にしかすぎません、ほかの脳波との合わせとして出ますが、大きく出れば良いといゆう単純なものではありません’ シータ波自体の説明も僕には全然納得がいかない、すり替えのような、、もう論外です、

アルファ波ならまだ話しがつながりますが、、、、 


シータヒーリングのヴァイアナ・スタイバルさんのように 特殊な能力を発揮する時にシータ波が出るのは 考えられることですが 


シータ波が新しい響きのように聞こえ、なんでもシータ波を名前に持ってくるのはおかしい事です

 本の内容は素晴らしい啓発本でしょうが、アルファー波の内容でシータ波とは無関係の内容でした 

まるで 海釣りに行こうと言って大きな湖に釣りに行くようなものです(笑)

シータ波は特殊な脳波です、霊能者、サイキック、ヒーラー特殊な能力者等に現れます、その反面怖いことでもあります、無闇に取り上げるべきでは有りません。 


一番大事なのは、これ等の特殊な脳波は 特殊能力を得るための道具では無く『結果の現れ』だと思うのです、手法を誤れば、事故を招くだけです、


自分の内面の向上なしには成り立たないのです

 

オリンピックのメダルはお金を出せば同じ物を作れますしかし、本質は、そこまでの苦労.能力,運。それの結果がメダル、それと同じですね

今多くの各種の脳波を模倣する道具が有ります。それはあくまでも模倣であって本質では無いことを忘れないで頂きたいとおもいます 自己の内面の向上(霊性)の向上でバランスをとっていただきたいと思います、向上してくればおのずと脳波が変わります、自分が向上したければ他頼みではなく自分、研究し消化して努力して、そのうえでサプリメント的に考えれば間違えはないと思います。

感謝




閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

日本神界は大変急いでおられる様です

今回はちょっと複雑な事を書きます いま、日本神界は大変急いでおられる様です。 最近これまで何らかの形でヒーリングをされた方々と、この1ヶ月で判った神々の名が ぴったり波動的に合致している場合が数多くあります。 これまでに判った神々をざっと挙げてみます。 まず古事記、日本書紀で造化の三神といわれる 天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ) 神産巣日神(かみむすひのかみ) 高御産巣日神(たかみむすひのか

Comentários


bottom of page